すすきののデリヘル「SHAKARIKI」で出会ったソープ嬢との体験談

すすきのファンの皆さん、こんにちは。

田中でございます!

今回はすすきのにあるデリヘル「SHAKARIKI」さんに行って来ました。

結論から言うと、微妙だったので、リピートはありません。

今回、訪問したのはお昼からです。

事前にシティヘブンをチェックして、数あるデリヘルの中から、お得なイベントをやっていて、女の子の質が良さそうなお店を探していました。

そこで、白羽の矢がたったのが、SHAKARIKIさんでした。

他にも医乳や箱ヘルのお店も考えてみたんですが、今回はSHAKARIKIを利用するのが初めてだったし、イベントもお得だったので、行ってみようと決断しました!

そこで、すすきの近辺まで車でやって来たので、早速SHAKARIKIに問い合わせします。

私「これから利用しようと思ってるんですけど、今からっていけますか?」

スタッフ「すみません。どちらの店舗にかけられてます?」

私「え???どういうことですか?」

スタッフ「SHAKARIKIにお電話されてます」

私「はい。そうですけど。どういうことですか?」

スタッフ「私ドライバーのスタッフで4店舗の電話受けてるので、どちらの店舗に掛けてる電話なのか分からないんですよ。」

私「へ?そんなことあるんですか?」

スタッフ「はい。そうなんです。SHAKARIKIにお電話されてるんですね。はい。すぐご案内可能ですよ。」

これは一体どういうことなんでしょう???

まずドライバーが予約受付の電話を対応している件、4店舗の電話を同じ番号で受けている件、アルバイトらしい人が全てを対応している件。

ちょっとよく考えると、かなり闇が深いです。

いくらコロナの影響だからといって、これは酷くないですか?

4店舗も受付しているなら、事務所のスタッフが対応しないとダメじゃないかな?

というかバイト?の人がそんなに沢山仕事してて大丈夫??

かなり不安を覚えましたが、別にこのスタッフさんが悪いわけではないので、気にせずに利用することにしました。

(運営者には問題あるかもしれませんね)

で、いつも行きつけのラブホテルに向かい、会計を済ませて、再度SHAKARIKIさんに電話しました。

私「先ほどの田中です。ラブホテル決まったので伝えますね。」

スタッフ「了解しました。20分以内に向かいますね。」

さて、そしたらデリ嬢が来る間に準備しておこうと、衣服を脱いで、歯を磨いて、バスローブを羽織り、AVをセットし、ベットでゴロゴロと転がりながら、デリ嬢の訪問を待っていました。