人妻熟女専門なのに女子大生が釣れちゃった。

35歳になる僕は、母親のお腹の中にいた頃からの熟女好きです。

特に、人妻が好きです。

それでいつも出会い系サイトで人妻や熟女を探しているんですが、ひょんな風の吹き回しで女子大生と仲良くなってしまったのです。

ハッピーメールは面白いですね。

ハッピーメールバナー
ハッピーメールの公式HPはこちら

美也子ちゃんは性感鋭い音大生

きっかけは若葉マークの美也子ちゃんが書き込んだ掲示板を僕が見たことでした。

出身地の四国は美女産出で名高く、実際今までに会った四国出身の人妻さんはみんな美人ばかり。

それをさらに若くした女子大生なら、さぞかし美味しいんではないかという好奇心で引っ掛けてみたまででしたが、美也子ちゃんのボディは想像以上でした。

まず、色が白い。肌が綺麗。しかもお肉は乗りすぎてもいず、痩せすぎてもいない。

見るからに抱き心地がよさそうなモチモチ肌。

身長158センチは最適、それでいて腰のくびれはいやらしく、バストはDカップを優に超えるたわわな実り具合。

おまけに性格もよくて、こんな子を騙しちゃいけないと思いながらもつい、そのボディの魔力には勝てずにでたらめを並べて会うことに成功しちゃいました。

そのうえ音楽をやっているだけあって、性感もバッチリすぎるほどビビッドに反応するのでした・・・・

落ち込んでいるんで慰めてあげたら東京のお父さんになれた

芸術系の大学は大変みたいですね。

どうしても実技科目があるので、そこでは腕がものをいうため、うまい下手がそのまま教授の思し召しになってしまうわけです。

美也子ちゃんはただでさえ地方出身で都会育ちにコンプがあるみたいでしたが、洗練さを競う芸術系ではそれが一段とはっきりするため、実技科目のある日はいつも落ち込んでました。

そこをすかさず慰めてあげていたら、最初は東京の優しいお兄さんになれたんですが、お兄さんじゃエッチしにくいんで都知事選に失敗したエッチな鳥越さんを気取って「僕を、東京のお父さんと思いなさい」といって手なずけることに成功しました。

15歳も年下の子、まだ子供ですから、騙すことにちょっと罪悪感持ちましたけど、鳥越さんなんて50をすぎてから20歳の女子大生をホテルに連れ込んだわけですから、僕なんてまだ青いと自分に言い聞かせました。

芸術系の子はあっちもすごい

でも、会ってみたら、騙してるなんて後ろめたさは微塵も感じませんでしたね。

20歳の女子大生でも、立派な大人だと感じたからです。

間違いなくこの子は、自分の意志で僕に会いに来てるんだ、とすぐ分かりました。

開口一番、援助だけは嫌だというんです。

20歳にして女のプライド感じましたね。

それからは堂々と口説きにかかり、お世辞並べてホテルに連れ込みました^^

それに、実技科目で落ち込んでいるなんてのも半分はこっちを騙すための口実だったんじゃないかってくらい、まるで屈託のない普通の女子大生でしたしね。

夏だったので、ジーンズにポロシャツというラフな格好でしたが、シャツの上からもDカップのバストはプルンプルン揺れて、尻と太ももの張り具合はぴったりしたジーンズからもダイレクトに伝わってきます。

普段食べている人妻さんたちの熟した体とは違う、ピチピチした旺盛な性欲もたまらないものがありますね。

部屋では気が変わらないうちにと思い、ポロシャツをめくりあげてジーンズと一緒にパンティを抜き去った後は、帰れないように靴をベッドの下に投げ込みました。

もう本能の行動でしたね^^

1回戦はあまりに気持ちいい肌触りに15分で終了。

シャワーを浴びた後の2回戦はねちっこく攻めてあげると、30代の餓えた人妻さんたちとはまた違う、狂ったような反応を見せました。

芸術系の子は、あっちも激しいみたいです。

すっかり楽しんでもまだ足りず、3回戦は美也子ちゃんからのおねだりでした。

まとめ

援助は嫌だと言うのでお小遣いは上げていません。

ただ、プレゼントはします。食事も奢ります。

20歳の身体は、そんなのぜんぜん安いくらいです。

人妻でも熟女でもないのに、真剣にセフレにしようかなと思案しているところです。

ハッピーメールバナー
ハッピーメールの公式HPはこちら